オーラハーモニーとは 
オーラハーモニーは、エンライトメント独自の造語です。
あなたのエネルギーを本来のピュアな状態に戻し、あなたが生きたい方向へサポートします。




オーラハーモニーとは? 
 
オーラハーモニーとは、あなたの振動数を上げる光のエネルギー。歌に聞こえる音を聞くだけで、あなたのオーラとエネルギーバランスが調整されます。

その本質は宇宙の愛

 オーラハーモ二―とは、
非常に簡単に言えば、「宇宙の本質の愛」です。見た目は、歌を歌うよ
うに思われるので、その様子は一見ヴォイス・ヒーリングに似ています。
 しかし、その本質は単に人に癒しを与えるのではなく、その人自身の本来ある状態へと戻す事な
のです。

 それは、私の身体を通してやって来る宇宙からのエネルギーであり、私は単にその周波数を受け
取って発信するラジオのようなものです。

 一見、私が歌っているように聞こえるかもしれませんが、実際には私は宇宙からやってきたエネ
ルギーをわかりやすく変換しているだけにすぎません。

 高い次元のエネルギーを受け取り、本来の自分に戻る、それがオーラハーモニーだといえます。
 

名前の由来

 オーラハーモニーは、エンライトメント独自の造語です。 オーラハーモニーは、友人の守護天使
が私の事を『あなたは、人や場のエネルギーを調律するマスター』と言ってくれたことから、その
名をつけました。以来、代表野村は、オーラハーモニストを名乗っています。現在、オーラハー
モニストは、世界に唯一人です。


オーラハーモニーの三大特徴

1.人や場、物の振動数を上げる事ができる。
 オーラハーモニーのエネルギーは高次元からの宇宙エネルギーであるため、非常に振動数が高い
のです。
 エネルギーの法則である、高い所から低いところへ流れる性質により、それに触れた人やもの、
場所の振動数は、それまでの状態に比べて大きく上がっていきます。

2.エネルギーを浄化する。
 暗いエネルギーは重く、明るいエネルギーは軽い、という法則があります。実際、感覚の鋭い人
はエネルギーの状態を敏感に感じ取るため、暗いエネルギーの場所に行くと、体が重いと感じたり
、気持ち悪いと感じたりします。
 オーラハーモニーのエネルギーは、軽く細かいのが特徴です。そのエネルギーは、明るく光って
います。そのため、会場でオーラハーモニーが終了した後は、部屋が白く光っているのを多くの人
が感じます。これは場が浄化され、参加者の方のエネルギーが変わったことを示すものです。

3.エネルギーをその人本来の状態に戻す。
 オーラハーモニーは、その方のエネルギーを強制したりすることはしません。むしろ、その方、
本来のありように戻していくのが、オーラハーモニーのやり方です。赤ちゃんの時のように輝いて
いて、きれいな状態であることで、その方の光を取り戻していく、それがオーラハーモニーなので
す。


感じない人はいない

 初めて、実際のオーラハーモニーを聞いた人は、皆さんそのエネルギーを不思議と感じて下さい
ます。You Tubeでも聞いていただけるオーラハーモニーですが、どうしても音が歪んでしまい、
完全なエネルギーの再現とはいきません。
 実際のオーラハーモニーを聞くと「懐かしい」「気持ちいい」「上に引き上げられる」「軽くな
る」「涙が出る」「笑えてくる」など、体験されたすべての方が何かを感じて下さいます。

 そうしたご感想と同時にその方々の振動数は、驚くほど高くなっています。人によっては、その
場で癒しを体験して涙を流したり、病気が癒されたり、心と体の両方でその変化を感じて頂くこと
があります。

 エネルギーに敏感でない方でも、部屋が白く光って見える、というのは普通におっしゃって下さ
います。

      


 あなたがオーラハーモニーを受けると決めたら、その時からハーモニーのエネルギーは、発動し
始めます。オーラハーモニーを聞くことが、ハーモニーなのではなく、すでに光とエネルギーの交
換はその時点で始まるのです。

 オーラハーモニーは、あなたの意識が高くなる方向へ導きます。自分の本質と向き合い、真実を
知る事は、本当の意味で私たちが癒されていくことを示しています。

 ただその本質は、癒しや振動数を上げる、といった限定されたものではなく、その人の持つ、も
っとも深い部分を目覚めさせるためにあるのです。

 それが目覚めて来ると、本当の意味で自然に多くの事が理解できるようになります。それは、単
純にこの世界で生きているだけでは、理解できない多くの事柄をも含んでいます。



 オーラハーモニーを受けた人は、不思議と皆優しくなります。振動数が高くなり、意識が上がれ
ば、自動的に気持ち良くなるのですから、当然なのです。ですからオーラハーモニーが終了した後
には、参加された全ての人が、まるで昔からのお友達のように感じます。


 ここで信頼できる仲間を見つける人も少なくありません。何しろオーラハーモニーには、年齢も
性別も肩書も何も必要ないのです。

 オーラハーモニーが終了したら、自然に皆さん笑顔になっています。振動数が上がり、幸せな気
分になったら、わざわざ受け入れようと思わなくても、自然に人を受け入れたくなるのです。

 オーラハーモニーセミナーでは、皆が自然に人を受け入れ、自分も受け入れられる、という体験
をしていきます。人に受け入れられ、自分を認めてもらえる空間、それが自然に出来る場所、実は
これがオーラハーモニーのもうひとつの大きな贈り物ではないかと私は思っています。



これ以降は、お時間のある方のみどうぞ。

過去世からの約束

☆幼い頃から、いわゆる霊感人間だった私ですが、大人になり、様々な自分の過去世を知るにつれ
、自分が何をするために、この世界に生まれてきたのかを考えるようになりました。
 過去世でも、私は何百回も同じような仕事をしてきています。そして、今もその記憶は残ってい
ます。

☆私はかつて、神様や宇宙との交信、それを伝え、癒しの技を使うこと・・・。ある時は、シャー
マンであり、神官や巫女、王として、またある時は宇宙からの使者として、この地球の人々に深く
かかわってきた存在でもありました。

☆オーラハーモニーは、私がこの世界に生まれ出る前に、約束してきた一つの事柄でした。一見『
歌』と思われるような波動を使った変革・・・・。これが私の行うオーラハーモニーです。もちろ
ん波動ですから、『音』を使わないこともあります。言ってみれば、人の耳に聞こえる音は、方便
として、使っているにすぎません。





オーラハーモニーの本質

☆オーラハーモニーの本質は、精妙な宇宙エネルギーであり、光の在り方そのものです。そのハー
モニーを使うことによって、「均衡の崩れたエネルギーを在るべき方向に戻す」というのが、ここ
で言う、オーラハーモニーなのです。

☆人のエネルギーは今、ほとんどの方が物質や現実の生き方によって、一つの方向に偏っています
。この状態では、本当の世界を知ることは難しいのです。

☆オーラハーモニーは、ある一定の方向に偏ったエネルギーを在るべき本当の姿へと戻していく作
用があります。もとの姿を取り戻す・・・・、これがオーラハーモニーの在り方であり、無理やり
違う鋳型にはめ込むのではありません。

☆皆様が本来の自分に帰ること。それは、私たちがこれから新しい世界で生きるための礎になるも
のです。それが、これからの世界で必ず必要になるものなのです。

オーラハーモニーを感じること

☆多くの人は、オーラハーモニーを聞くと、身体が振動するのを感じるといいます。そのエネルギ
ーに触れて涙を流す人も珍しくありません。心の目を開き、心の耳で聞くならば、あなたは、自分
の持つ能力がどこまでも広がる感覚を味わうでしょう。

☆オーラハーモニーは、振動数(人の持つ固有のエネルギー値)を上げることを助け、自然に自分の
本来の状態に帰ることをサポートします。


オーラハーモニーを始めた理由

 このオーラハーモニーをお仕事にすることになったきっかけは、ある日友人の家で、自分の過去
世を見たことが始まりでした。

 その過去世は、はるか昔、アトランティスに遡ります。それは、この地上にあったアトランティ
ス大陸のことではなく、今はない、惑星アトランティスでの人生のことでした。

 その惑星のある場所で、私は音楽家かつ癒し手として、生きていました。はじめに見た場所は、
私が巨大な水晶を手を使わずに、音を奏でているシーンでした。

 小さなコンサートホールのような、少し大きなサロンのような品の良い場所で、客席には黒っぽ
い落ち着いた色のベルベットのような絨毯が敷かれ、音が外に漏れない構造になっています。上段
は、上手く音が反響するように、反射板のような壁になっていました。


 私はそこで、巨大ないくつもの色の付いた水晶を自分の両脇に置き、それらを波動の力で共鳴さ
せて音楽を奏でているのでした。その擦りあうような独特な音楽は、同時に人々の肉体と心のエネ
ルギーを調整するためのものでもありました。

 私はまるで、指揮者のようにゆるやかに手を動かしながら、水晶に特定のエネルギーを与えて振
動させます。

 すると、水晶はその色特有の音を出し始め、それが他の水晶と共鳴して、音楽となり、エネルギ
ーの交換が行われるのです。

 その過去世を私は、友人2人と共有して見ていました。そのシーンを見た時、私はふとその時の音を表現したくて、声で水晶の振動や独特な音を真似して出してみました。すると意外や、自分の
声でもその水晶に変わる音を出せる、と感じたのです。実際にやってみると、その場所が震えたよ
うな気がして、エネルギーが溢れてくるのを感じました。

 そして、それと同時にある一つのヴィジョンが浮かびました。なぜか私が大きな野外のコンサー
ト会場のようなところで、オーラハーモニーを歌っている様子です。

 私は、心の中で「こんなの、ありえない!」と叫びながらも、私はその時の自分の心が歓びで歌っ
ているのを感じました。人々の上昇したエネルギーが一つになって会場から世界へと放たれていく
様子を見た時、これを感じたい!!と思いました。それはものすごく気持ちの良いイメージで、身体
が震えました。
 
 そして、それが自分の魂の本当の望み、人々が共に進化すること・・・、これが私の本当の望み
だった事に気づきました。そのコンサートは、その進化を促すために、やるべき一つの事だと感じ
たのです。もっともその時は、人前で歌うなんて、私には考えられない事でした。

 私は、歌手になりたかったわけでもなく、人前に立ちたかったわけでもありません。そうしたも
のに憧れを持ったこともありません。けれど、これは私の肉体の望みではなく、魂の望みでした。

 その時、このヴィジョンが意味するものが何か、はっきりと分かっていたわけではありません。
また、それを私がまさか仕事にするとは思ってもみなかったのですが、時の流れと共に、こうする
のが私にとって一番自然になってきたのです。今では、オーラハーモニーは、私のライフワークと
なっています。



 

※オーラハーモニー開催と詳細については、HOMEをご覧ください。


  会社概要  お支払い方法 Copyright © 2012 Enlightenment Inc. All rights Reserved.